CREATOR

高﨑八雄

SNS

伝統工芸

つくり手紹介

断切金箔職人(写真中央)

アルミ箔、洋澄、金澄、断切金箔へと移り、現在に至る
金箔以外にも様々な業種に従事し、その経験を箔打に活かしてきた
かつての製箔所では、箔打機が10~20台ほどあり、職人が機械を借りて作業を行っていたが、現在は今西製箔所で数人の断切金箔職人とともに製箔に従事する
永年培ってきた技術を息子に継承し、現在は息子が中心になって箔打ちを行っている

(写真右/池田錦彦 氏 左/越野明 氏、断切金箔職人)

経歴経歴

1933年 生まれ
1949年 洋澄職人に弟子入りし、洋澄をはじめる
1964年 平田金澄で従事
1965年 洋澄製造として独立
1978年 箔打をはじめる
1997年 石川県箔商工業協同組合功労者表彰

お問合せお問合せ

石川県箔商工業協同組合

〒920-3122
金沢市福久町ロ172
TEL076-257-5572

https://hakukumiai.jp/

WEB SITE

関連動画関連動画

  • 高﨑八雄