CREATOR

五十嵐治子

SNS

伝統工芸

つくり手紹介

1868年に創業した五十嵐提灯店の5代目
創業当時は、和傘と提灯の両方を手がけていた
金沢で祭礼が盛んな金石、大野地区の軒吊提灯のほか、加賀地区の神社・仏閣ものを中心につくっている
長い竹を螺旋状に巻くのではなく、竹骨を1本1本切ってしるため丈夫で、美しい曲線を描くシルエットが特徴
昔ながらの作り方を変えず、古くからの伝統技法を守り続けていきたい

経歴経歴

2005年 父で四代目の五十嵐英治の手伝いを始める
2010年 5代目を継承

お問合せお問合せ

五十嵐提灯店

〒920-0903 
金沢市博労町62
TEL076-231-7441

関連動画関連動画

  • 五十嵐治子