CREATOR

中川衛

SNS

金工

つくり手紹介

1947年石川県金沢市に生まれる。彫金の技法のひとつで、石川県に伝わる伝統工芸「加賀象嵌」の第一人者。金沢美術工芸大学産業美術学科卒業後、松下電工に就職しプロダクトデザイナーして活躍。1974年加賀象嵌の魅力に触れ、高橋介州先生に師事する。

1988年第35回日本伝統工芸展「朝日新聞社賞」受賞、1996年第43回日本伝統工芸展「日本工芸会奨励賞」受賞、2001年第48回日本伝統工芸展「日本工芸会保持者賞」受賞。2004年には戦後生まれとして初の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定される。同年金沢市文化賞受賞。2008年メトロポリタン美術館に作品が所蔵され、文化庁より文化交流使としてニューヨーク・ワシントン・ロサンゼルスで講演、実演を行う。2009年紫綬褒章受章。自然美を意匠化した詩情溢れる作品を発表し、絵画的な階調表現により加賀象嵌に新風を吹き込んだ。2010年には大英博物館(ロンドン)に作品が所蔵される。2018年瑞宝中綬章受章。現在は精力的に作品制作に励むほか、金沢職人大学校、金沢卯辰山工芸工房で指導をするなどして後進の育成にも力を注いでいる。

経歴経歴

1947年 石川県生まれ
1971年 金沢美術工芸大学産業美術学科卒業
1974年 加賀象嵌の高橋介州先生に師事する
1988年 第35回日本伝統工芸展「朝日新聞社賞」受賞
1996年 第43回日本伝統工芸展 「日本工芸会奨励賞」受賞
2001年 第48回日本伝統工芸展「日本工芸会保持者賞」受賞
2003年 第50回日本伝統工芸展「日本工芸会保持者賞」受賞
2004年 重要無形文化財保持者に認定
2004年 金沢市文化賞受賞
2008年 メトロポリタン美術館に作品所蔵される(ニューヨーク)
2008年 文化庁より文化交流使としてニューヨーク・ワシントン・ロスアンゼルスで講演、実演を行う
2009年 紫綬褒章受章
2010年 大英博物館に作品所蔵される(ロンドン)
2018年 瑞宝中綬章受章

関連動画関連動画

  • 中川衛