コーディネート作品モデル

食卓を華やかにする遊び心

CREATOR

市塚 学

経歴
ハイアット セントリック 金沢、ハイアット ハウス 金沢 総料理長
1965年石川県生まれ。
調理師専門学校を卒業後は地元北陸のホテルで研鑽を重ねながらコンクールへ積極的に参加。
2007年グランド ハイアット 東京「フレンチ キッチン」料理長就任をきっかけに上京。
2011年よりパレスホテル東京の開業に携わり、メインダイニング「クラウン」料理長を6年間務める。
メートル・キュイジニエ・ド・フランス “ジャン・シリンジャー杯”において2002年に優勝、2016年にはプロスペール・モンタニェ国際料理コンクールで2位を獲得。
2017年、パーク ハイアット 東京「ジランドール」料理長に就任。また食の現場での数々の功績と活躍を認められ「環境王国こまつ親善大使」として任命される。

コンセプト

すべてのシーンで対応可能な、遊び心のある普段使いの提案です。
金沢の作家さんによってつくられた、様々なスタイルの器やアクセサリーを、型にはめることなく洋食のテーブルセッティングとしてコーディネートしました。お裁縫道具の加賀ゆびぬきのナプキンリングをメニューホルダーとして使用したり、レンコンブローチをカトラリーレストにするのも素敵です。手作りの陶ボタンは、アートのようにディスプレイすれば、一つとして同じものがないボタンの魅力を違った形でお楽しみいただけます。また、今回は金継ぎされた器をセレクトしました。割れてしまったから捨てるのではなく、金継ぎで元のデザインに新たな表情、生命を吹き込むことにより、長く愛用できるのも大きな魅力です。ご自宅にある工芸品やお気に入りの工芸品を手に入れて、自分のライフスタイルに合った使い方で楽しんでみてはいかがでしょうか。

使用作品

さらに見る

動画動画

  • 市塚 学