CREATOR

高橋悦子

SNS

伝統工芸

つくり手紹介

断切箔職人(写真右)

箔屋は、主人の打ち前、妻の打ち前以外の小仕事からなっている
小仕事は、グラシン紙を紙の目を読んで交互に重ねていく「まぞろい」、澄切した上澄片をグラシン紙にはさんでいく「引き入れ」、打ち上がった箔を箔合紙にはさんでいく「箔うつし」など多くの行程があり、妻が担う役割は大きい
縁付金箔は「カイトト、カイトト」、断切金箔は「ドッテン、ドッテン」と伝わる箔を手打ちする槌音が懐かしい

(写真左/高橋幸一、断切箔職人)

経歴経歴

1937年 生まれ
1963年 断切箔職人 高橋幸一と結婚し、家業を継ぐ
2015年 金沢箔伝統工芸士

お問合せお問合せ

石川県箔商工業協同組合

〒920-3122
金沢市福久町ロ172
TEL076-257-5572
https://hakukumiai.jp/

WEB SITE

関連動画関連動画

  • 高橋悦子