CREATOR

笠松加葉

SNS

金工

つくり手紹介

加賀藩に伝わる希少伝統工芸である加賀象嵌の技法を使い、アクセサリーや茶道具、オブジェなどを制作しています。

工芸品は使用することで初めて命が吹き込まれると考えており、使用者が作品に想いを重ねられるよう、デザインする上で常に物語と余白を大切にしています。

敷居が高く感じられがちな物ですが、どうすれば日常生活に取り込み、楽しんで頂けるかを模索し、伝統技法だけではなく新しい象嵌の技法を生み出すことにも挑戦中です。

経歴経歴

2004年 金沢美術工芸大学 美術工芸学部 工芸科 彫金コース卒業
2005年 第34回伝統工芸日本金工展 初入選 (以後定期的に入選)
2005年 第46回石川の伝統工芸展  初入選 (以後定期的に入選)
2006年 金沢美術工芸大学 美術工芸研究科 工芸専攻 修了
2009年〜2010年 公益財団法人宗桂会運営 月浦工房 所属
2013年〜2015年 卯辰山工芸工房 所属
2014年 第70回 金沢市工芸展 「私が選んだ賞」入賞 (以後定期的に入選)
2018年 ユネスコ創造都市関連事業として韓国全州市へ金沢市より派遣
2019年 石川県伝統産業青年会議加入
2020年 金沢市工芸協会加入

お問合せお問合せ

加賀象嵌 加葉(笠松 加葉)

【mail】hippokayo@gmail.com
https://pennpasu.exblog.jp/

WEB SITE