CREATOR

吉岡正義

SNS

陶磁

つくり手紹介

石川県立工業高等学校工芸科在学中に、同校収蔵の「板谷波山 ざくろ文葆光彩磁」に感動し、陶芸に興味を持つ。その後、石川県立九谷焼技術研修所を卒業後、金沢市内の陶芸工房で修行する。
1995年、金沢市福畠町にて作陶を開始。
粘土、釉薬、焼成の研究を重ねながら、1999年に穴窯を築窯。
2003年、金沢市入江に工房を移し「陶庵」を開設、日本橋高島屋、めいてつ・エムザなどで個展を開催。
2012年から海外の展示に興味を持ち、韓国、台湾、中国、シンガポール、インドネシア、アラブ首長国連邦、イタリア、ドイツなどで展開する。
2010年から森山邦応先生の下で焼き始めた「加賀唐津辰之口窯」、2017年先生亡きあとを継いで本格的に焼成開始する。
東京上野と表参道でのワークショップも主催している。
今後も粘土、釉薬、焼成の研究を続けながら新しい金沢九谷を作ると共に、国内外で日本の伝統工芸を広めたい。

While studying at the Faculty of Crafts at Ishikawa Prefectural Technical High School, I was impressed with the “Hazan Itaya Pomegranate Glossy Porcelain” that is interested in pottery. After graduating from Ishikawa Prefecture Kutani Ware Technical Training Center, I received training at a pottery atelier in Kanazawa.
In 1995, I started pottery in Fukubatake, Kanazawa.
In 1999, I built the Wood firing Kiln while studying clay, glaze, and firing.
In 2003, the workshop was moved to Irie, Kanazawa, and To-an was established. Held solo exhibitions at Nihonbashi Takashimaya, Meitetsu M’za.
I has been interested in overseas exhibitions since 2012 and plans to expand in South Korea, Taiwan, China, Singapore, Indonesia, United Arab Emirates, Italy and Germany.
In 2010, Kaga Karatsu Tatunokuchi kirn started firing under Dr. Kunio Moriyama.
A workshop in Tokyo Ueno will start at the same time.
In the future, while studying clay, glaze and firing, I would like to create a new Kanazawa Kutani and spread Japanese traditional crafts both domestically and internationally.

経歴経歴

1971 金沢生まれ
1990 石川県立工業高等学校工芸科卒業
1992 石川県立九谷焼技術研修所卒業
1997 石川県立工業高等学校に作品が収蔵される
2009 個展 日本橋高島屋(東京)
2012 金沢市クリエイティブワルツ「金沢九谷展」(韓国、利川)
2013 個展JENGGARA KERAMIK(インドネシア、バリ)
2014 第70回記念金沢市工芸展:金沢工芸協会会長奨励賞受賞
2015 10days Exhibition(韓国、ソウル)
2017 JAPAN TIDE 2017 EXHIBITION(UAE、ドバイ)
2018 アートフェア東京(東京)
2019 Festival Dell Orienteワークショップ(イタリア、カリャリ、ブレシア)

お問合せお問合せ

陶庵 to-an

921−8011
石川県金沢市入江2-401
076-291-2533
http://to-an.jp

WEB SITE